MENU

【ギトギト油】レンジフードの簡単掃除法

 

簡単で楽にキレイになるレンジフードの掃除法をご紹介します。

 

これで年末大掃除も怖くない!

 

 

1:油汚れを簡単に落とすには?

 

よくある油汚れ専用の洗剤を使うのはもちろんですが、もっと簡単でリーズナブルな方法があります。「粉末洗濯洗剤」を付属のスプーン一杯、洗い桶たっぷりの熱いお湯に溶かし、レンジフードのファンを浸しておくだけです。

 

洗濯洗剤は皮脂をうかせて落とす事に特化した物です。皮脂=油ですから、台所の油汚れにも効き目抜群です。汚れがべっとりつく前に洗うようにすれば、ほぼこすらなくても落ちるぐらい強力です。

 

 

2:掃除をする際の注意点

 

熱いお湯を使う事、洗濯用洗剤を使用するため、ゴム手袋の着用をお薦めします。素手で試した所たちまち手荒れがひどくなりました。

 

洗剤を溶かしたお湯の香り、苦手な方もいらっしゃると思うのでマスクも着用した方がいいでしょう。

 

 

3:綺麗に掃除する為の便利アイテムはコレ!

 

使い古した歯ブラシは細かい溝についた汚れをこそぎ落とすのに便利です。

 

割りばしに要らない布や古いタオルを細く巻いたものもよく使います。家にあるもので作れますが、100円ショップにも同じような物が売っています。

 

同じく100円ショップにあるもので、青い三角コーナーネット(昔からある網目の荒いもの)を丸めてスポンジ代わりに使います。たくさん入っててお得、しかも汚れ落ちがとても良いです。ぜひお試し下さい。

 

 

 

レンジ周りをきれいにするコツ!その2!

 

レンジ周りをきれいにするときには重曹が大活躍します。

 

レンジ周辺の多くの汚れは油などの酸性ですが、重曹はアルカリ性なのでその油を中和して水溶性にする働きがあるのです。また重曹の粒子はとても細かくてマイルドな研磨作用もあるので、レンジ台の五徳や魚焼きグリルの焦げ付きなどを落とすときにも効果を発揮します。

 

例えば、コンロの汚れを取るには、300mlの水に重曹を大さじ1杯ほど溶かした重曹水をスプレーボトルに入れ、調理後まだ温かいコンロに吹き付けます。重曹の効果で汚れが浮いてきたら布でふき取ります。その後酢水をスプレーして乾いた布でふき取れば抗菌効果もバッチリです。

 

こびりついた汚れが落ちにくいコンロの受け皿は石鹸と重曹の合わせ技を使います。まず、受け皿に液体石鹸と重曹を振りかけて汚れを浮かせます。そしてたわしでよくこすり水洗いをします。その後酢水をスプレーしてふき取るという手順は同様です。

 

コンロのまわりのタイル壁の油はねも気になるものですが、こちらは重曹水をスプレーして布で丁寧にふき取ればきれいに落ちます。もし汚れがさらにひどいようでしたら、クエン酸水の併用が効果的です。

 

手荒れを最小限に抑えながら頑固な汚れをきれいにできるので、お掃除が楽しくなります。