MENU

浴室の蛇口の水垢を綺麗にするコツ

1:身近な物で出来る水垢除去のコツについて

 

浴室や洗面所などの水場を掃除する際に、手を焼いてしまうのが水垢ではないでしょうか。特に水垢が付いてしまった蛇口は白く濁ってしまい、見た目にもあまり良いものではありません。

 

水垢は一度付いてしまうとどんどん頑固な汚れに変身してしまいますし、水垢部分にカビが生えてしまうということもあります。出来る限り早目に除去することが大切ですが、強力な薬剤などを使わなくても身近な物で代用出来る方法があります。

 

それはどの家庭にも基本的にあるであろう、お酢を使う方法です。水垢はアルカリ性の汚れなので、酸性であるお酢を使えば取り除けます。キッチンペーパーに少し薄めたお酢を含ませ、蛇口の水垢の気になる部分にぴったりと貼付けて行きます。

 

そして乾燥防止にラップで更に包み、そのまま一時間程置いておくとガチガチだった水垢が柔らかくなります。割り箸を使って擦れば、比較的簡単に水垢を落とすことが出来ます。

 

強力な薬剤を使わず、身近な物で水垢を落とせるのでお勧めの方法です。コツは必ずラップで包むことです。折角貼付けたお酢が効果を発揮する前に乾燥してしまっては意味がありませんので、ラップは必須アイテムです。

 

 

2:お酢を使った掃除をする際の注意点

 

掃除に使用するお酢は、純米酢などの酢のみが入っているタイプを選びます。すし酢などは砂糖が入っていて掃除には向かないので注意が必要です。

 

お酢を使った掃除を行うと、当然ですが酢の酸っぱい臭いが充満します。掃除中などは少し気になるかもしれませんが、酢は揮発性なので1?2日で臭いは消えるのでこの点も頭に入れておくと安心です。

 

 

3:綺麗に水垢除去する為の便利アイテムはコレ

 

お酢で柔らかくなった水垢は割り箸だけでなく、メラミンスポンジを使って擦ると更にピカピカになります。ある程度水垢を割り箸で取り除けたら、仕上げにメラミンスポンジで磨き上げると蛇口がピカピカになるのでとてもお勧めのアイテムです。